更新日時:2017.11.27

リフォーム前の挨拶まわり完全マニュアル!お詫びの気持ちを伝えよう

「リフォームが決定したけど、工事の騒音がご近所さんの迷惑になってしまわないか不安…」
そんなお悩みを抱えていませんか?せっかくリフォームするなら、ストレスなく行いたいですよね。こちらでは、近隣住民とのトラブルを避けるために大切な「リフォーム前の挨拶まわり」の正しい方法についてご紹介します。

戸建てとマンションで挨拶まわりの範囲は異なる!

神経質になりがちなリフォーム前の挨拶まわりですが、難しく考えなくても大丈夫です。
挨拶まわりを行う範囲としては、「騒音や振動など、工事の迷惑が行き届いてしまう範囲」だと考えてください。
しかし挨拶まわりの範囲は、お住いの住宅のタイプによっても少し変わってきます。詳しく見てみましょう。

戸建ての場合は「両隣」「向かい3軒」そして「裏3軒」

戸建て住宅にお住まいの方が挨拶まわりをする場合、

  • 両隣
  • 向かい3軒
  • 裏3軒

に伺えば問題ありません。

また、地域によっては自治会があり、工事が可能な時間帯があらかじめ決められている場合があります。そのためリフォーム前に一度、自治会長さんへ挨拶に行かれるのがベストですよ。

マンションの場合は「両隣」「上3軒」「下3軒」

マンションの場合は、

  • 両隣
  • 上3軒
  • 下3軒

が挨拶まわりの範囲になります。
リフォーム工事の際に作業員がエレベーターを頻繁に使用する予定ならば、エレベーターの前に住んでいる方にも挨拶しておくと良いでしょう。
また、マンションによっては管理人さんがいるところもありますよね。その場合は、管理人さんにもリフォームを行うことを事前に伝えておきましょう。

手土産はお手頃な「日用消耗品」がオススメ!

挨拶まわりをする際、範囲の次に悩んでしまうポイントは「手土産」だと思います。
工事日数が2〜3日などで済む短い工事でしたら、挨拶に伺うだけで問題ありません。しかし、工事期間が長いリフォームや近隣への大きな影響が予想されるリフォームの場合は、手土産を持参して挨拶まわりをしたほうが良いでしょう。
だからと言って、手土産選びにプレッシャーを感じる必要はありませんよ。手土産を選ぶ際には何より「気持ち」が大切です。高価なものではなく、500円から1,000円で買えるタオルや洗剤、またはサランラップなどの日用品消耗品で問題ありません。
お菓子なども良いですが、やはり食べ物には好き嫌い、またはアレルギーなどもありますので、日用品を選んだほうが無難です。

挨拶まわりで伝えるべき4つのポイント

挨拶まわりは工事業者と一緒に行うと効果的です。また、以下に挙げた4つのポイントは確実に伝えましょう。

  1. 工事期間
  2. 工事が行われる曜日と時間帯
  3. どのような影響が予想されるか
  4. 緊急時の連絡先(依頼主と工事事業者両方)

これら4つのポイントをしっかり説明すれば、近隣へきちんと配慮していることが伝わって好印象になります。

挨拶まわりの例文を紹介!お詫びの気持ちを全面に!

では、以上4つのポイントを抑えた上でどのように挨拶まわりを行うべきか、具体的な例文を挙げてみます。

「こんばんは」
「お忙しいところ申し訳ございません。この度、リフォーム工事を行うことになりご迷惑をお掛けしますので、ご挨拶に伺いました鈴木です」
「工事は○月○日から○月○日を予定しています」
「工事中は騒音やホコリなどにより、ご迷惑をお掛けしてしまいます。大変申し訳ございません」
「万が一、何かありましたらこちらの番号にお掛けください」
「こちらつまらないものですが、どうぞお使いください」
「この度は、ご迷惑をお掛けすることになってしまい、大変申し訳ありません。どうぞ宜しくお願い致します」

このように、お詫びの気持ちを全面に押し出すことが大切です。

また、挨拶まわりを行う時間帯としては「週末の夕方」がベスト。住人が在宅中の可能性がもっとも高く、突然伺っても迷惑を掛けることが少ない時間帯だからです。

丁寧な挨拶まわりでトラブルのないリフォームを!

以上、住宅リフォームを行う前の近隣挨拶の方法でした。
挨拶まわりでもっとも大切なのは、「お詫びの気持ち」をしっかりと表すことです。丁寧に近隣住民への挨拶まわりを行えば、工事中のトラブルも大いに回避できます。
ぜひ、こちらでご紹介した内容を参考に挨拶まわりをしてみてください!

Summary
リフォーム前の挨拶まわり完全マニュアル!お詫びの気持ちを伝えよう
Article Name
リフォーム前の挨拶まわり完全マニュアル!お詫びの気持ちを伝えよう
Description
リフォーム前に行う挨拶まわりの範囲は、戸建てとマンションによって違います。どちらの場合でも、挨拶まわりで大切なのはお詫びの姿勢を忘れないことです。手土産は500〜1,000円ほどの日用消耗品を選ぶと良いでしょう。
Author
Publisher Name
エースタリフォーム
Publisher Logo
フリーダイヤルもご用意しております。0120-371-539月曜~金曜 9:00~18:00
*携帯・スマホの方は06-6914-2727
WEBで今すぐ!無料お見積もり WEBで今すぐ!無料お見積もり リフォム専門アドバイザーが対応いたします!

リフォームをご検討中の方へ

エースタリフォームでは、ウェブからの無料お見積もりや、お電話
でのカウンセリング・お見積もりを受け付けております。電話オペレー
ターは建築業界のノウハウをとことん知り尽くしたリフォーム専門アド
バイザーが対応いたします。どんなことでもお気軽にお問い合わせくだ
さい。

LINEで気軽に相談 !
友だち追加