2017.10.27|お役たち

浴室リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

浴室リフォーム費用の相場は50万〜150万円

ユニットバス 50万〜100万円
在来工法の浴室 100万円以上
浴室暖房・浴室乾燥・給湯器交換などの設置 約30万円
浴槽のみの交換 約50万円
浴室バリアフリー工事(手すり設置・床の施工のみ) 約20万円

浴室リフォームを安く抑えるポイント

給付金を利用する

浴室のみのリフォームには「バリアフリー化」のために行うケースも多いです。その場合は介護保険を利用すれば、施工費用が給付される場合もあります。

a

お住いの地域のケアマネージャーに相談しましょう。


関連記事:国や自治体から補助金が受けられるリフォームを3つ紹介!

ハーフユニットバス

在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合は、費用が高くなりがち。

a

ユニットバスと在来工法の浴室、それぞれの魅力を活かした「ハーフユニットバス」であればリフォーム用に費用を抑えたものもあるので、おすすめです。また、型落ちやメーカー在庫品などを活用する方法もいいでしょう。


ユニットバスは機能や内装のグレードなどによって価格が大きく変わります。予算を超えないように、妥協できるポイントは妥協してコストを抑えましょう。
a

複数のリフォーム業者に相見積もりをとり、料金・工事内容、アフターメンテナンスなどのポイントを比べることも忘れないでください。

浴室リフォームは短期間で済むことがメリット


ユニットバスのリフォーム工事であれば、

  • 浴槽の交換だけであれば1日
  • ユニットバス全体のリフォームは4日ほど

といったように、短期間で済みます。

一方、在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合は、1週間ほどかかるケースが一般的です。
その間は浴室を使えないので不便ですが、近所の銭湯などを利用するといいでしょう。
家族構成の変化に応じて、短期間かつコストを抑えて浴室を新しくしたいならリフォームがおすすめです。
詳しい工期は工事の内容によって異なります。お気軽に弊社オペレーターまでご相談ください。

浴室リフォームでは安さをうたう業者に注意!

浴室は毎日身体をきれいにし、1日の疲れを癒やす、リラックスの場でもあります。家族みんなが気持ちよく使えるような使い勝手のいいものを選びましょう。

a

最近は、家電量販店やデパートなどでも浴室リフォームが頼めるようになりました。他社との価格競争に勝つために「いかに安いか」をうたっている業者も存在します。

しかし、あまりにも破格な料金設定をしている業者に依頼すると、トラブルに発展する可能性もあります。
必ず数社に相見積もりを取り、自分が求める工事内容の相場を知ることが大切です。見積もり時には、業者の対応もチェックしておきましょう。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください

タグ

簡単入力無料見積もり!

リフォーム業者からのしつこい営業電話は一切来ません!
1リフォーム箇所 ※必須
次へ

2リフォーム先郵便番号

こちらにご入力いただいた郵便番号をもとに対応可能なリフォーム業者をお探しいたします。

戻る
次へ
3お名前 ※必須

こちらにご入力いただいたお電話番号は弊社スタッフからのご連絡のみに使用させていただきます。
お客様の承諾なく、業者に情報をお渡しする事はございません。

戻る
次へ

4ご連絡先
電話番号 ※必須
メールアドレス
戻る