2017.12.03|お役たち

外壁塗装リフォームするなら知っておきたい色選び5つのポイント

外壁塗装リフォームの色選びで後悔しないためにも、打ち合わせを重ねて納得できるものを選びましょう。

a

同じ色の中でも濃淡があります。色見本やサンプルだけでは決められませんので、外壁塗装リフォームの色選びの6つのポイントを参考にして下さい。

1.サッシや屋根に合う色を選ぶ

a

外壁は面積がいちばん広い部分なので、サッシや屋根と折り合いのつく色を選びましょう。

人は面積の広い部分がイメージに残りやすいため、あまりに正反対の色を組み合わせてしまうと、どこか外壁だけ浮いてしまったような状態にもなりかねません。
また、自分の好みは後回しにしましょう。客観的な視点で考えてください。もちろん好きな色と合う色が似ていれば、それを候補にして構いません。

2.汚れが目立つ真っ白な色は避ける

ピュアホワイトにすると、年数の経過にともなって汚れが目立ってくるので、ベージュ系やブラウン系などが良いかもしれません。

a

定期的に掃除ができるなら問題ありませんが、シミやカビなどで変色してくることを考えると、真っ白な色は避けたほうが無難です。

3.人を寄せつけない重さを与える黒は避ける

モダンな雰囲気を求めたい場合に黒を選んだりしますが、原色は年数が経つと色あせて見えます。スタイリッシュに感じられたとしても、黒という色自体が人を寄せつけない重さや敷居の高さを与えてしまうので、一般的な家の外壁としてはおススメできません。

4.周囲の家でサンプルなどと実際の違いを確かめる

色見本のカードや小さな外壁サンプルは、実際に塗装したときと違って見えたりします。できることなら大きめの外壁サンプルを見せてもらうか、試し塗りをしてもらいましょう。
また、PCのカラーシミュレーションだけで選ぶと、実際には太陽の当たり具合で違って見えたりします。

a

実際の家を参考にしたほうが希望を具体化しやすいはずです。ベランダや玄関ドアとの兼ね合いなど、周囲の家を見て雰囲気をつかんでください。

5.色が人の心に及ぼす効果も取り入れる

カラーセラピーと呼ばれる技術があるように、人の心に及ぼす効果も取り入れてみたら良いかもしれません。

  • 赤…情熱的でエネルギーがある・活発で勢いがある
  • 黄…楽しさや面白さが伝わってくる・喜びや明るさを感じられる
  • 青…冷静で人の心を落ち着かせる・聡明さがある
  • 緑…穏やかで人の心をなごませる・リラックスできる
  • 茶…安定的でしっかりしている・現実的で信頼できる

もちろん原色で使うことはできませんが、これらの色を薄めて塗ることを考えれば色選びの方向性も出てきます。

業者に相談して理想の外壁塗装リフォームを

現実的な条件から候補を選んで、自分のイメージを業者に相談しましょう。正確に伝えるためには、気に入った色の写真や家の資料なども一緒に付け加えてください。丁寧に打ち合わせをすることで、想定していたとおりの外壁塗装リフォームが完成します。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください

タグ

簡単入力無料見積もり!

リフォーム業者からのしつこい営業電話は一切来ません!
1リフォーム箇所 ※必須
次へ

2リフォーム先郵便番号

こちらにご入力いただいた郵便番号をもとに対応可能なリフォーム業者をお探しいたします。

戻る
次へ
3お名前 ※必須

こちらにご入力いただいたお電話番号は弊社スタッフからのご連絡のみに使用させていただきます。
お客様の承諾なく、業者に情報をお渡しする事はございません。

戻る
次へ

4ご連絡先
電話番号 ※必須
メールアドレス
戻る