2018.01.14|お役たち

事前にできるリフォーム騒音対策

当事者にとっては楽しみなリフォームですが、住宅環境を物理的に変えるには工事が必須。そして大規模な工事には「騒音」という問題もつきものです。

騒音問題3つの対策をチェック

音のトラブルは隣人トラブルの中でも大きな問題に発展しがちです。
長年住み続ける地域でのトラブルを回避するために、事前にできる対策を見ていきましょう。

1.近隣住民への挨拶は必須

まず一番にできる対策として挙げられるのが、

近隣住民への事前の挨拶です。

工事の日程が決まったら、なるべく早めに近隣住民へ「リフォームのための工事を行います。騒音等あるかと思いますがよろしくお願いいたします」などと挨拶をしておきましょう。

ここでいう近隣とは、前後左右。マンション等の場合は上下も含めて8件程度といわれています。その際にはタオルやちょっとしたお菓子などの手土産も持って行くと印象が良くなるでしょう。

昨今ではリフォーム業者から騒音の断りを入れる場合もあります。しかし、二重になったとしても当事者からの挨拶があったほうが、後々のトラブルを回避しやすくなります。

関連記事:リフォーム前の挨拶まわり完全マニュアル!お詫びの気持ちを伝えよう

関連記事:リフォームの近隣トラブル回避のために事前にできる対策法3選!

2.工事時間の調整

基本的に工事の時間帯は常識的な範囲で行われることが多くなります。早朝から深夜まで等、業者側もそのような時間に働くことは難しいですよね。

しかし、地域やそこに住む人たちによって、迷惑になりやすい時間帯や人が少ない時間帯などは異なります。近隣住民の家族構成によっても変わってくるでしょう。

もしも、特殊な時間帯が望ましいなどの事情を知っている、この時間帯は避けてほしいなど希望があった場合は、業者との間で時間帯の調整を行うことも有効です。

3.吸音材の活用

名前のとおり「音を吸収する」素材です。
マンションなど、隣との境が密着している場合などに使われる素材ですね。この吸音材を壁や床などにあらかじめ張ったうえで、吸音材を使用している部屋から工事を進めてもらう方法です。

音が外に漏れにくくなるので、騒音対策としてはとても有効な方法といえます。ただし、別途料金がかかってくるので、先に時間帯などすり合わせられるところから調節するのがおすすめです。

a

挨拶など対策をしたうえでクレームが来るような場合に、検討したほうがよいともいえますね。

騒音対策はリフォーム後の生活も快適に

これから十年単位で住んでいく地域であるだけに、隣人との仲も悪くならないようにすることは必須ですよね。
事前のちょっとした気遣いでトラブルを避けることは可能です。お互いに気持ちよく工事期間を過ごすために、騒音への対策を怠らないようにしましょう。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください

タグ

簡単入力無料見積もり!

リフォーム業者からのしつこい営業電話は一切来ません!
1リフォーム箇所 ※必須
次へ

2リフォーム先郵便番号

こちらにご入力いただいた郵便番号をもとに対応可能なリフォーム業者をお探しいたします。

戻る
次へ
3お名前 ※必須

こちらにご入力いただいたお電話番号は弊社スタッフからのご連絡のみに使用させていただきます。
お客様の承諾なく、業者に情報をお渡しする事はございません。

戻る
次へ

4ご連絡先
電話番号 ※必須
メールアドレス
戻る