2017.09.20|お役たち

リフォームに最適な時期・タイミングと費用を抑えるたった1つのコツ

「住宅リフォームをしたいけど、ベストな時期がわからない……。」
ここでは、そんな方のためにリフォームに最適な時期やタイミングについてご紹介しています。

リフォームするなら春秋がおすすめ!

リフォームの最適時期は、実際には住宅の状態などによっても大きく異なりますが、急を要するわけではないのであれば、春秋が良いでしょう。
大規模なリフォームは荷物整理に手間がかかりますので、真夏や真冬に荷物を整理するとなると体に大きな負担がかかってしまいます。

a

また、梅雨時に外観のリフォームを始めてしまうと、工程が大幅に遅れてしまう可能性が高いです。こうした天候に左右されやすい時期は外観リフォームに適していません。

生活スタイルの変化に合わせたリフォームも良いタイミング

a

お子様の成長や独立、高齢化に伴う二世帯住宅など、家族構成や生活スタイルが変わる時期もリフォームには良いタイミングです。

子ども部屋は、当初は親が確認できる範囲の開けた空間であったのに対し、黙々と勉強に励める空間へ。家庭を持った息子・娘との同居に向けて二世帯住宅へ変更。さらに老後のためのバリアフリー化。住居のリフォームタイミングは数多く存在します。

安く抑えるコツはまとめてできるリフォームを探すこと!

リフォーム時期が決まったら、同時進行でリフォームできる箇所がないかを探しましょう。

例えば、外壁のリフォームは足場を作って工事しますよね。サイズによって異なりますが、実は足場を作るだけでも約20万円の費用がかかります。
その際に、雨どいの補修など足場をかけて行うリフォームを同時に進めると、別々にリフォームするよりも費用が抑えられるので、リフォームはまとめてやってしまうのがおすすめです。

別々にリフォームすると見栄えが良くない

屋根はリフォームしてキレイだけど、外壁はボロボロ……となると、見栄えが良くないですよね。この点からも、まとめてリフォームするのがおすすめです。

a

水回りを集中的にリフォームするのであれば、浴室・キッチン・トイレ・洗面所などを。外観をまとめるなら、屋根・ベランダ・外壁・太陽光発電の設置などをまとめて行なうのが良いでしょう。

住宅メンテナンスを怠ると後々ツケが回る

まとめてリフォームをすることを重視するあまり、住宅の腐食を限界まで見て見ぬふりは避けましょう。解体した際に、シロアリ被害などの思わぬトラブルが見つかって修繕費用が増えてしまう恐れがあります。

変化に気を配り最適なタイミングを逃さないことが大切

一般的に住宅の修理サイクルは10年と言われていますが、劣化具合によっては10年経たずしてリフォームが必要になることも。

一生モノの買い物をしたのですから、長く大切に使っていきたいですよね。そのためにも、住宅の変化にはこまめに気を配っておくことが大切です。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください

タグ

簡単入力無料見積もり!

リフォーム業者からのしつこい営業電話は一切来ません!
1リフォーム箇所 ※必須
次へ

2リフォーム先郵便番号

こちらにご入力いただいた郵便番号をもとに対応可能なリフォーム業者をお探しいたします。

戻る
次へ
3お名前 ※必須

こちらにご入力いただいたお電話番号は弊社スタッフからのご連絡のみに使用させていただきます。
お客様の承諾なく、業者に情報をお渡しする事はございません。

戻る
次へ

4ご連絡先
電話番号 ※必須
メールアドレス
戻る