2018-05-31|お役たち

【例文あり】リフォーム・改築祝いにおすすめの品物やメッセージをご紹介

a

親しいご近所さんや友人がリフォーム改築を行なった場合、リフォームのお祝いを贈りますよね。
ここでは、リフォーム改築のお祝いに適した品物や、メッセージの例文をご紹介します。

改築のお祝い品には「実用的なもの」が喜ばれる

人にプレゼントをする際の品選びは迷ってしまうものですが、リフォーム改築祝いともなると、何を贈れば良いのかもわからない、という方は多いと思います。
しかし、そう深く考える必要はありません。大事なことは受け取って嬉しいと思うものを選ぶことです。例えば、「実用的」というキーワードで選ぶなら、

タオルなどの日用品や、お風呂掃除用のスポンジなどの生活用品

はいかかでしょうか。

a

家具や雑貨は人それぞれ趣向がありますから、あまりオススメはできません。
もしインテリアになるようなものをプレゼントしたい場合は、カタログを贈るのがベストでしょう。お花や観葉植物なども良いですね。

お祝いの品は改築後一週間以内に渡すのが一般的

お祝いの品物を選び終えたら、次に悩むのは渡す時期だと思います。特に決まりはありませんが、改築祝いは、改築後一週間以内に渡すのが一般的です。

a

また、週末の夕方など相手に迷惑のかからない時間帯を見極めて、改築祝いを渡しにいくと好印象です。

お祝いを渡すときは祝う気持ちを忘れないこと

改築祝いを渡す際のマナーですが、固く考える必要はありません。相手が親しい友人や交流のあるご近所さんであれば、いつものように振る舞えば問題ないでしょう。
しかし、忘れてはいけないことは「相手を祝う気持ち」です。明るくリフォームを祝ってあげましょう。

改築祝いのメッセージを書くときに注意すべきポイント

a

改築祝いにはメッセージを添えると、相手はさらに喜びます。しかし、お祝いのメッセージを書く際は気をつけるべき点があります。

忌み言葉を使わない

忌み言葉とは、負のイメージを連想させる言葉のことです。
新築や改築のお祝いでは、主に火事や自然災害、家の倒壊をイメージさせる言葉が忌み言葉とされます。下記のような言葉は避け、ポジティブな言葉で祝ってあげましょう。
【忌み言葉の例】

  • 燃える
  • 焼ける
  • 飛ぶ
  • 流れる
  • 壊れる
  • 倒れる

一文字一文字丁寧に書く

お祝いのメッセージをもらっても、字が汚いと嬉しい気持ちも半減してしまいます。当然のことではありますが、しっかりと丁寧に文字を書きましょう。 とはいえ、上手い下手はありますので、きれいに書くことを意識するのではなく、丁寧に書くことを意識しましょう。丁寧に書けば、気持ちはしっかりと伝わるはずですよ。

パターン別改装祝いのおすすめメッセージ例文3つ

改築祝いのメッセージはどのように書くべきなのか悩まれると思います。しかし、変に身構える必要はありません。下記例文を参考にしながら書いてみてください。

【友人へ贈る場合】
ご改築おめでとう!
新しくなった空間に合う観葉植物を贈るよ。
これからも体を大切にして人生を楽しんでね!

【ご近所さんへ贈る場合】
ご改築、おめでとうございます。
お祝いの気持ちをお贈り致します。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

【ビジネス関係者へ贈る場合】
この度はご改築、お祝い申し上げます。
ささやかなものではございますが、お祝いの品をお贈り致します。
新たな環境におかれましても、大いにご活躍なされることをお祈り申し上げます。

お祝いの気持ちが何より大切!

決して難しく考える必要はありません。相手のことを想い、祝ってあげる気持ちを持つことが大切です。この記事を参考に、友人やご近所さん、同僚や取引先の企業などの改築を祝ってあげてくださいね。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
簡単4ステップ見積もりフォームはこちら!

タグ

紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます
紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます 紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます
簡単10秒!無料見積もり


WEB見積もりにおける個人情報の取扱いについて

を同意のうえで、下記よりお気軽にお申し込みください。