2018-05-31|お役たち

リフォームの近隣トラブル回避のために事前にできる対策法3選!

a

リフォーム作業に音は付き物ですから、近隣の皆様に不快感を抱かせてしまうかもしれません。
ここでは、近隣トラブルを避けるためにリフォーム前にやっておきたいことをまとめてご紹介します。

挨拶まわりで近隣の皆様にリフォームを予告する

何も言わず急にリフォームを始められてしまっては、近所の方々は困ってしまいます。
何も知らされずにいきなり大音量の工事音が鳴り響くのは迷惑ですよね。必ずリフォーム開始日の1週間前までには一言挨拶に行きましょう。

a

業者が挨拶に行ってくれることもありますが、その場合は事前に自ら挨拶に行き、不明点を後から来る業者に聞いてもらう形にするのがベストです。

リフォームを予告しても、開始日・終了日を伝えておかないと、終わりの分からないリフォームにイライラする方もいらっしゃるかもしれません。忘れずにお伝えしておきましょう。

手土産があればなお良し!不在時は手紙を添えて

挨拶のときに手土産があるとなお良いですね。ハンドタオルなど、もらっても困ることのない日用品がオススメです。

向こう3軒両隣に加えて、後ろの3軒にも挨拶するのが一般的です。

合計8軒に挨拶する必要があるので、そこまでお金の掛からないよう1つあたり1,000円以内のものでも十分でしょう。

a

また、挨拶当日に在宅ではないご家庭もいらっしゃるはずです。その際はリフォーム工程・作業活動時間・リフォームの内容・担当業者名を明記した挨拶代わりの手紙を入れておきましょう。

関連記事:リフォーム前の挨拶まわり完全マニュアル!お詫びの気持ちを伝えよう

業者に依頼して騒音対策をする

いざリフォームが始まれば、皆さんその音の大きさに驚くことでしょう。 実際に「音うるさいですよね」なんて声があちらこちらで出ているようです。

a

騒音対策としての第一歩はスケジュールの調整です。例えば、平日の午前10時から午後4時まででお願いするなど、極力迷惑をかけない時間帯に工事をお願いしてみましょう。

対策を講じても苦情が出た場合は、吸音材を取り付けて外部への音漏れを防ぐなど、さらなる対策をしてもらいましょう。

駐車スペースは事前に業者と確認を取っておく

車2台でも通りにくいような道に作業用の大きな車が止まっていたら、近隣の方はいくら事前に報告をもらっているとしても、内心は邪魔だなあと思うことでしょう。

こういった駐車トラブルを防ぐには、リフォーム業者と事前に確認をしておく必要があります。

a

無料駐車場がない場合は、リフォーム業者と施工主で代金を折半して有料駐車場に停める場合があります。見積もり額に含まれている可能性があるのでしっかりと見ておきましょう。

業者選びの時点でトラブル回避に繋げる

見積もり書などがずさんな業者は、作業中の態度もいい加減で近隣トラブルを起こしかねません。見積もり書や連絡の態度から業者の姿勢をチェックすることは、近隣トラブルだけでなく施工トラブルを回避するためにも重要です。

事前に対策をすることで近隣トラブルを回避し、良いリフォームができるようにしましょう。

関連記事:リフォームの見積もり時に絶対に抑えておきたい6つのポイント

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
簡単4ステップ見積もりフォームはこちら!

タグ

紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます
紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます 紹介会社がしぼられているので、安心して比較・検討ができます
簡単10秒!無料見積もり


WEB見積もりにおける個人情報の取扱いについて

を同意のうえで、下記よりお気軽にお申し込みください。